Copyright
Top Outline Directory Report Message


Outline

名称 一般社団法人カリアティード
旧名称:美術工房カリアティード
法人番号 国税庁発行法人番号 7020005013947 
会社法人等番号 0200-05-013947
主たる事務所所在地 神奈川県横浜市中区西之谷町114番地6
連絡先 事務所所在地 〒231-0844 神奈川県横浜市中区西之谷町114番地6
Tel 080(9264)3248
Mail caryatide199202@yahoo.co.jp
創業者が使用しているTwitterアカウント https://twitter.com/caryatide1992 
事業内容 1、球体関節作品を主とする美術品の制作に必要な情報を世間に提供し、美術品の展示販売企画を行う他
  球体関節作品、フィギュア作品、彫刻立体作品による国際公募展、カリアティード展の運営を行います。
  ※人体の彫像に球体関節が施された作品は、球体関節人形と呼ばれますが
   動物や架空の生物の彫像に球体関節が施された作品を含んだ場合、球体関節作品又は球体関節と総称されます。
   以上の理由で、当法人では球体関節人形ではなく、球体関節作品並びに球体関節と呼称させて頂いております。

2、誤認逮捕された後に釈放された人物を、当法人の主たる事務所又はホテルに宿泊させながら生活支援を行い
  再審請求及び刑事弁護に関する情報の提供を行います。

3、未成年者・成人問わず、虐待を被った方から、相談を受けて調査を行い
  その調査内容を児童相談所並びに警察等の捜査機関に報告を致します。
  必要に応じて相談者を、当法人の主たる事務所又はホテルに宿泊させながら生活支援を行います。

4、インターセクシャル、別名IS・性分化疾患・半陰陽の方やホルモン異常の方等から、相談を受けて医療機関を紹介致します。
  不平等な待遇を被ったという相談があれば調査を行い、待遇改善に必要な請求を行います。
  ※インターセクシャル・IS・性分化疾患・半陰陽とは、英語ではDisorders of sex development: DSDと呼ばれ
   生まれつき性機能が通常と異なった状態に発育してしまい、医学上の性別が不確実な状態である人物を指す言葉です。
   医学上の性別が明らかであるのに自分の意思で異性のふりをする異性装者や同性愛者、両性愛者、俗に言うLGBTとは異なります。
   その為、LGBTに対する支援は、当法人において対象外です。

5、前各号の分野において、優秀な功績を収めた人物又は団体に対して
  その活動を応援する為に、当法人名義で表彰状を贈り、表彰させて頂きます。

6、前各号における支援を行うにあたり、必要に応じて、弁護士、福祉士、医師に業務を委託して対応しております。

以上の支援を受理する場合は、先述の連絡先に御相談ください。
創業日 2012年2月4日
創業者 山下ナオ
代表理事 創業者同上
代表理事及び役員含む社員数 2021年度現在、2名
資本金 2021年度現在、100,000円
事業年度 毎年4月1日から翌年3月31日迄の年1期
社員総会 社員総会は毎年6月に定時開催し、必要に応じて臨時開催致します。
原則、社員総会の議長は代表理事とし、役員の選任及び解任、他者に対する表彰授与、経費の使途に関して決議致します。
社員総会の内容は、必要に応じて公開致します。
情報の取り扱いについて 原則、当法人において取り扱った個人情報を、部外者に流布する事は御座いません。
例外として、捜査機関から情報開示請求を行われた際は、当法人において取り扱った個人情報を開示致します。
当法人において掲載する情報に誤りがあった場合や情報不足があった際は、必要に応じて情報の訂正又は追加致します。
ロゴマークについて 当法人が使用しているロゴマークは、創業者が描いたデザインを使用しており
登録第6209766号として商標登録されている為、無断転用を固く禁止致します。
※ロゴマーク紹介 
※特許庁による商標の登録情報 


沿革
2012年2月 当法人の前身となる事業所、美術工房カリアティードを創業。
球体関節作品の制作展示販売・制作指導等を、主な事業として行います。
※2012年、平成24年2月3日付個人事業開業届 
2018年12月 創業者が自身の境遇を活かす為に、美術工房の事業形式を社団法人形式に移行してから
一般社団法人カリアティードという名称を使用し、創業当時から行っている球体関節作品関連の事業に付け加えて
誤認逮捕又は虐待を被った人物並びにインターセクシャルやホルモン異常の当事者等に対して支援を行います。
創業者の境遇については、こちらを御参照ください。
※登記簿の内容 
2020年9月 横浜市民ギャラリーにて、球体関節作品を主とした国際公募展、第1回カリアティード展を創始して主催を務める。
第1回カリアティード展 応募者数は当初20名であったものの、当法人創業者に対する誹謗中傷とコロナウィルスが影響して
応募者が出品を辞退してしまい、最終的な応募者は不在となりました。展示作品数1点+書面。イベントスタッフを除く入場者数111名。
※第1回カリアティード展の詳細 
2021年度 コロナウィルスの影響で、第2回カリアティード展の開催は、2022年度に延期されました。
inserted by FC2 system